TOP

コンテンツSEOやデジタルマーケティング、セールスフォースなど、情報化社会が進んだ現在は非常に重要な要素となりました。
そこで、SFAやコンテンツマーケティングなどについて当サイト「ベンチャーネットに関する情報配信中」でご説明しています。

コンテンツを制作する場合、お客さまが抱える問題をがっちりと考えて、お客さまがそのコンテンツに容易に辿り着くことを考えて、コンテンツを制作しなければいけません。しかしこのコンテンツSEOというのは、Webサイト構築自体のことですし、コンテンツ制作そのものなのです。

必然的にそれがSEOにも繋がり、コンテンツマーケティングとして効率的に機能します。コンテンツSEOという言葉を聞いたことがあるかと思います。

コンテンツSEOは時代が生み出した更言葉であり、非常に頭の切れるSEO業者が生み出しました。Webサイト構築において、切っての考えなければならないこととして、企業が抱えているお客さまのことです。

新品コンテンツSEOという言葉を誕生させた人物は真っ平頭が好いです。コンテンツSEOが存在していることで、企業の担当者がコンテンツそのものに対して不廉関心を見せることは非常に喜ばしいことですし、SEO業者さんからコンテンツに関することを指摘されるのはとっても助かります。

しかし、ただきりコンテンツの量産にとどまっていても、そこから先に何も生まれないという事実を忘れてはいけません。これまでのSEOというのは、外部リンクや内部施策といったものが主流で、コンテンツそのものやWebサイト構築自体に、そこまで関係のある話ではありませんでした。

お客さまのことを考えて施策を実施することにより、それは必然的にマーケティング施策となります。これがコンテンツSEOの本来の考え方といえるでしょう。

ベンチャーネットについてのサイト
https://careerbaito.com/job/1501

return top